愛媛県の葬儀社・葬儀屋一覧

愛媛県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

愛媛県の葬儀社・葬儀屋事情

愛媛県では10件程度の家が一単位となって通夜・葬儀などを手伝ってくれる「講」と呼ばれる近隣組織が葬儀を手伝うことがあります。葬儀のあと、門口で故人の茶碗を割ったり送り火をたく風習がのこっている地域もあり、火葬のあと、遺骨をそのまま墓地に行き、埋葬します。その際、野道具も一緒に持っていく風習が残されている地域もあります。帰宅後、初七日の法要を行ない、そのあと「弔いあげ」といって精進料理を取ります。香典返しは忌明けに行なわれます。

愛媛県では、出棺の際に近親者4人で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回してから道の中央に止まり、つづいてその周りを近親者がまわるというしきたりが見られます。
また、旅衣装(死装束)のひとつに「頭陀袋」があり、葬儀までの間故人の茶碗に盛っていた枕飯を握ったものを入れ冥土への旅する途中のお弁当代わりにする地域もあります。

愛媛県の一部地域では、遺族が額につける白い三角布を身に着けて火葬場へ向かいます。三角の布で、「いろ」と呼ばれ、これを身に着けることを「いろをつける」と呼ばれています。故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人への引導が渡され、三途の川を渡るところまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味があります。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料