福井県の葬儀社・葬儀屋一覧

福井県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

福井県の葬儀社・葬儀屋事情

福井県は、浄土真宗の多い嶺北地方と禅宗の多い嶺南地方に分かれており、お葬式のしきたりや風習にもそれぞれ特徴があります。嶺南地方では、出棺の際に棺に向かってお米を撒き、故人の使っていた茶碗を割り、お盆の時と同様に、藁を焚く「送り火」を行ったりするなど、お葬式の儀礼が細かく決まっています。一方、同じ福井県でも、浄土真宗の寺院の多い嶺北地方ではこのような風習はほとんど見られないようです。

また、県内では、お葬式の際に「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している年配の女性が集まり、「御詠歌(ごえいか)」と呼ばれる歌を歌う地域があります。御詠歌では、五・七・五・七・七の和歌の形式に、仏教の教えをのせて唱えます。優しく穏やかな日本風のメロディーが特徴的です。浄土真宗では、鈴がついた仏具の鈴(れい)や雅楽で用いられる打楽器の鉦鼓(しょうこ)を用いて御詠歌を唱和します。

湯灌に際しても独特な風習があり、かつては男性は髭を剃り、女性は髪を短く切っていました。現在は省略されることが多いですが、髭剃りや断髪の代わりとして、男性は剃刀を、女性はハサミを棺の中に納めることを新たな習慣としています。

福井県の沿岸部など、日本海側の地域では、故人が長寿だったときには、お葬式で赤飯が提供されることがあります。一般的には「おめでたいときに出される食事」という印象が強いお赤飯ですが、一説では、天寿を全うして大往生を遂げるのはめでたいことと考えられていたり、災いを福に転じさせるという「縁起直し」の意味合いで、お葬式に赤飯を食べるという説もあります。赤色には魔除けの意味もあるので、赤飯を提供された際は遠慮せずにいただくとよいでしょう。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料