石川県の葬儀社・葬儀屋一覧

石川県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

石川県の葬儀社・葬儀屋事情

葬儀から帰宅した際、参列者の体に塩をまいてお清めをする慣わしは、全国で一般的な風習として浸透していますが、石川県の一部地域では、清めの塩と一緒にお米の「ぬか」をかける習慣があります。元来、「お清め」は仏教からではなく、死を穢れ(けがれ)とする神道に由来する考え方です。神道では祭壇に「神饌(しんせん)」というお食事をお供えしますが、その中に稲穂も添えることから、お米の力を借りてお清めをする風習が広がったとされています。

石川県は浄土真宗の檀家が多い地域であるため、浄土真宗形式の葬儀が営まれるのが主流となっています。収骨の際に分骨が行われることも多く、二つの骨壺に遺骨を分け、そのうちの一つを当日のうちに菩提寺に納骨します。法要は初七日までを簡素なものとし、一周忌以降の法要を盛大に行うというケースも多いようです。

北陸地方では喪主が白装束を身に着ける習慣がありますが、石川県でも出棺を終え火葬場へ移動する際に、喪主や遺族が白装束を着る慣わしがあります。明治時代以前の喪服の色は黒ではなく白だったため、その名残とされています。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料