香川県の葬儀社・葬儀屋一覧

香川県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

香川県の葬儀社・葬儀屋事情

香川県は、弘法大師の生誕の地で寺院が多いです。特に高松市では葬儀に列席する僧侶の数が多いのが特徴です。琴平近辺では、琴平宮を汚してはいけない、ということから、真言宗では葬儀を行わない風習があります。自宅葬をする場合、納棺を葬儀の直前に行う地域があり、この場合、通夜は故人を布団に寝かせ安置した状態で行います。
納棺の際には、たすきを逆さにかける風習もあり、出棺の際は、故人愛用の茶碗を割り、この世との未練を断ちますが、このとき、お盆の「送り火」のように、藁やおがらを炊いて送り出すこともあります。葬儀の際、全国的には「御霊前」とすることの多い、香典袋の表書きですが、香川県では、通夜には「御悔」、葬儀には「御香典」を用いることが、広く行われています。

また香川県では、火葬場へ移動する際、近親者の女性が紙に白い三角の紙を挟むことがあります。これは、県内全般で広く行われていて、子孫を残す女性を、死の穢れから守るという意味合いがあるとも言われています。一般的には、故人が火葬され、火葬場から戻った際、家に入る前に塩と水で清めますが、香川県の一部地域では、青竹で模した小さな竹馬をまたぐならわしがあり、その際には、米粒を噛みながら塩をかける風習があります。末期の水の儀式を行う場合は、綿ではなく、樒の枝葉を水に浸して行うのが一般的です。枕飾りに樒を飾ることもあります。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料