高知県の葬儀社・葬儀屋一覧

高知県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

高知県の葬儀社・葬儀屋事情

高知市では寺院での葬儀が多く、葬儀社を中心に準備が進められています。
葬儀の準備は近隣の組織が葬儀を手伝い、葬儀のあと、棺の上に羽織をかぶせ、その上に茶碗を乗せ、門口で故人の茶碗を割り、羽織を三回振るしきたりが残っています。茶碗を割る風習は“食断ち”といい、現世への心残りをきっぱりと絶つために、また、羽織を振る風習は“お願いほどき”“願ぶるい”“棺ぶるい”などと呼び、故人が生前に神仏に願ったことを取り下げ、未練を断つために行われています。土佐では茶碗を割る際「これでしもうた」と声に出して割るそうです。火葬の場合、遺骨を全部拾い、野道具を一緒に持って墓地で埋葬します。

高知県には、納棺されるまでの間、故人を「生きている人」として接する風習があります。普段使用していた布団に寝かせてあげ、「おはようございます」など日常と同じような言葉をかけながら過ごし、枕元には家族と同じ食事を運びます。

また、故人の枕元で朝を迎える習慣があり、さらには、出棺前の夜には枕を並べて“添い寝”で休むこともあります。故人の枕元には、枕飾りが飾られますが、逆さ屏風を立てる風習も残っています。
仏を床にいれたまま、1ヶ所のつり手をはずした「三隅蚊帳」に入れるところもあり、仏には紋付羽織をうしろ前に着せる風習もあります。
棺の中には芽(目)が出ないようにと大豆、小豆などを煮て入れる風習もあります。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料