熊本県の葬儀社・葬儀屋一覧

熊本県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

熊本県の葬儀社・葬儀屋事情

熊本県は、人口の7割が浄土真宗で、友引でも葬儀を行なっています。従って火葬場は無休です。
葬儀は「葬式組」の人たちが行うことが多く、通夜には近親者が酒や菓子を「夜伽見舞(よとぎみまい)」として持参し、弔問客には握り飯などが振る舞われます。夜伽見舞いとは、香典のほかに別途品物を用意して遺族に渡す風習のことです。夜伽見舞いには、お菓子やお酒、缶詰など、主に食べ物や飲み物を用意することが多く、遺族はお通夜の後、故人が淋しくないように語り明かす際、いただいた夜伽見舞いを食べながら過ごし、残った場合は皆に配ります。夜伽見舞いをいただいた関係者には、香典返しの品物もより多くお返しするのがならわしです。

熊本市では、午前中に火葬にし、午後から斎場などで葬儀が行なわれるケースが多いようです。火葬のあと、「還骨法要」を行ない、葬儀を手伝った人をねぎらう精進料理を取ります。香典返しは忌明けまでに行なわれるのが一般的です。

熊本県では、出棺の際に故人の愛用していた茶碗を割る「茶碗割り」というしきたりが県内で広く見られます。これは、故人の愛用品を壊すことで、「もう帰ってくる場所はありませんよ」と教え、現世への未練を断つという意味があると言われています。一部地域には、出棺の際に近親者で棺を持ち、3度ぐるぐると回すというしきたりも見られ、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれています。
熊本県では火葬をすませてから葬儀をおこなうことが多くみられ、葬儀の際は、祭壇の前に「料理膳」を添える風習があります。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料