長崎県の葬儀社・葬儀屋一覧

長崎県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

長崎県の葬儀社・葬儀屋事情

長崎県での葬儀は通夜、告別式、火葬、三日参り、初七日の順で、初七日まで祭壇を飾るのが一般的です。通夜には「目覚まし」のために菓子を持参していましたが、最近では香典に代わっています。
葬儀のあと、出棺は、縁側から棺を出するしきたりがあり、火葬のあと、遺骨を携え、家に入る前に塩で体を清め、そのあと「還骨勤行」を行ない、「あと祓い」といって精進料理を取ります。香典返しは忌明けまでに行なわれるのが一般的です。

長崎県では、出棺の際に故人の愛用していた茶碗を割るしきたりが県内で広く見られています。これは、故人の愛用品を壊すことで、「もう帰ってくる場所はありませんよ」と教え、現世への未練を断つという意味があると言われています。地域によっては、棺をぐるぐると3回まわすという風習も見られます。

一部地域には、「水かけぎもん」の風習があります。故人の着物や衣服を裏返しにしてつるし、7日間水をかけて常に濡れた状態にしておく「水かけぎもん」「逆さぎもん」と呼ばれています。
また、出棺の際に近親者が額に三角の布を巻いたり、女性は綿帽子をかぶる風習も見られます。この白い三角の布は死装束のひとつで、仏教では「宝冠(ほうかん)」と呼ばれています。白い布を身につけることによって、故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人があの世へ旅立つまでは、私たちも一緒に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められています。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料