新潟県の葬儀社・葬儀屋一覧

新潟県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

新潟県の葬儀社・葬儀屋事情

新潟県の農村部では、出棺の際に鳥を空に放ったり、池や川に魚を逃がす「放生(ほうじょう)」という風習があります。放生は仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物を逃がすことで徳を積むという意味があり、善行をすることで「死後の世界でも故人が厚遇されて、少しでもいい思いができるように」との願いを込めて行われます。

また、一部の地域では、火葬を終えるまでは白いろうそく、火葬後の法要からは赤いろうそくを使用したり、精進落としの席でお赤飯を出し、黒塗りのお膳から朱塗りのお膳に変えるという習慣があります。弔事を表す黒や白と、慶事を表す紅白を使い分ける理由は、「故人が仏様になったことはおめでたいと考える」という説や「忌み事から切り替え、日常に戻るため」など諸説あるようです。
柏崎市などでは、通夜の香典袋の他に、紅白の水引をかけ「お見舞い」の表書きを用いた袋を用意することもあります。これは、「生前にお見舞いに行けず、申し訳なかった」という気持ちから生まれた風習であり、「生前に渡せなかったお見舞いを受け取って下さい」という意味が込められています。

香典についても独特の風習があり、通常の葬儀参列の場合は香典に「御霊前」を用いますが、親戚の場合は香典の表書きを「御灯明料」とするのが一般的で、通夜の際は香典と別に「通夜見舞い」や米を持参することもあります。葬儀に参列する際は、事前に確認しておくほうがよいでしょう。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料