沖縄県の葬儀社・葬儀屋一覧

沖縄県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

沖縄県の葬儀社・葬儀屋事情

沖縄県では喪家は葬儀の前に墓を掃除し、入り口に納骨まで白の紙を貼る風習があります。那覇市を中心とする多くの地域では、火葬の後、遺骨を安置して葬儀を行ないます。納骨は葬儀の当日に行なわれ、そのあと精進落としをします。自宅から火葬場まで白い細い紙を笠の一番上につけて持っていく風習も残されています。

枕飾りにも独特のならわしがあります。枕飾りに供えるのは、白木の位牌、花や箸を立てた一膳飯のほかに、豚の三枚肉、塩と味噌、おまんじゅうなども供えます。 沖縄以外の地域では、肉を供えるということはほとんど見られませんので、沖縄の琉球文化特有の風習といえるでしょう。

また沖縄県で使われている棺は、全国的に使われている棺と比べて長さが短く、深いものがあります。これは故人を納棺する際、膝をすこしだけ立てて納棺することからきている風習です。棺の中に、仏衣、六文銭、位牌を入れることもあります。

沖縄のお墓は、本土のお墓と比べてもはるかに大きく、形状もまるで家と見間違えるような屋根つきの「亀甲墓」「破風墓」が数多く建っています。内部は8畳程度の広さがあり、中には住宅を建てるときと同じように、基礎から工事をする、もはや立派な<建築物>です。これは、古くは故人の遺体を自然に白骨化させる「風葬」や「洗骨」の習慣があったことからきています。今では火葬されていますが、お墓の風習だけは残っているのです。墓は家と同じという考え方から、初七日他一連の法要をその前で行う風習があります。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料