佐賀県の葬儀社・葬儀屋一覧

佐賀県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

佐賀県の葬儀社・葬儀屋事情

佐賀県では、死亡が午後の場合には納棺をしないで仮通夜を行い、24時間後に納棺し本通夜をおこないます。比較的、葬儀・火葬を午前中にすることが多く、火葬のあとは、遺骨を携え、家に入る前に体を清め、そのあと「三日参り」の法要を行ない、「精進落ち」といって精進料理を取るという流れが一般的です。香典返しは忌明けまでに行なわれ、祭壇崩しは初七日が過ぎてから行います。

また、一膳飯と共に故人に供える「枕団子」ですが、全国的には6個作って供えるという地域が多いようです。しかし、佐賀県の一部では、時に49個もの団子を作り、供えます。佐賀県で49個もの枕団子を作っているのは、四十九日まで一つずつ食べられるようにとの優しさから始まっている風習なのかもしれません。

佐賀県では、出棺の際に故人の愛用していた茶碗を割るしきたりが広く見られます。これは、故人の愛用品を壊すことで、「もう帰ってくる場所はありませんよ」と教え、現世への未練を断つという意味があると言われています。また、一部地域には、出棺の際に近親者で棺を持ち、3度ぐるぐると回すという、「棺回し」のしきたりが見られます。

佐賀県の村部などでは、「放生(ほうじょう)」といって、鳥を空に放ったり、池や川に魚を逃がす風習が一部に残っています。放生とは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物を逃がすことで徳を積むという意味合いがあります。これには「生き物を助けることで、故人があの世ですこしでも良い思いができるように」との願いがこめられています。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料