滋賀県の葬儀社・葬儀屋一覧

滋賀県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

滋賀県の葬儀社・葬儀屋事情

滋賀県では、主に自宅葬を行うときなどは、出棺時、玄関以外の場所から棺を出します。縁側がある家は縁側から、中には窓から棺を運び出すという風習もあります。わざわざ出入りしにくい場所から出棺するのは、人が出入りする場所である玄関を、死者の魂が出入りしないようにという意味が込められているからです。滋賀県のお葬式は近隣の人の手伝いによって行なわれることも多いようです。

彦根市では棺を玄関から出した所で読経をする「門勤め」の式が行なわれます。火葬の後、玄関で塩をふりかけてから家に入り、還骨勤行を行ないます。そのあと会食である「お仕上げ」をとります。また、彦根市では受付で香典を出すと引替券をもらい、帰りに会葬御礼品を頂くことがあります。

滋賀県のお葬式では、お坊さんが故人の額にかみそりをあてる儀式が広く行われています。これは、「おかみそり」という浄土真宗のしきたりで、通常は生きている人間が仏・法・僧の三宝に帰依し、仏弟子になるという意味の儀式で、本当に頭を剃るわけではなく、剃るふりをするだけなのです。お葬式の場合の「おかみそり」も、本当に頭を剃るわけではなく、刃先が丸めてあるかみそりで軽く頭をなでるだけですので、万が一にも遺体が傷つくような心配はありません。

滋賀県の郡部など一部地域では、隣組など近隣の住民が参列するときには、お葬式の前ではなくお葬式が終わった後に香典を渡す風習が見られます。これは、初七日や葬儀・告別式が終わった翌日の会食に招待された時に、お香典を持参する「こうぎ」と呼ばれる風習です。それ以外の地域や、近隣住民ではない一般参列者は、他県など他の地域と同じように、葬儀会場の受付で香典を出し、香典返しを受け取って帰宅します。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料