島根県の葬儀社・葬儀屋一覧

島根県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

島根県の葬儀社・葬儀屋事情

島根県では、午前中に火葬をすませ、午後葬儀というのが一般的です。全体に自宅での通夜・葬儀が多いですが、松江市では寺院での葬儀も多くみられます。通夜を「夜伽」といい、その時間は決まっていません。そのため、弔問客は適時喪家に訪れて焼香をおこないます。出雲大社を汚してはいけない、ということから、葬儀には大安の日を嫌う風習があります。

また松江市、出雲市では葬儀の前に遺体を火葬にし、葬儀を終えたあとは、初七日の法要を行なうか、墓地に埋葬に向かいます。その後「しまい」という精進料理を取り、香典返しは当日が一般的です。
家から死者が出た際、「忌中」と書かれた張り紙をするのは全国的に広く見られる風習ですが、島根県の松江市など一部地域では、忌中のしるしとして、門に日本の竹を立てることがあります。二本の竹を門に立てると聞くと、つい、お正月の門松を思い浮かべますが、門松には「門を清め、家の中に邪気が入ってこないように」という意味もあることから、忌中のしるしとして立てるこの竹にも、同様の意味があると考えられています。

島根県では、長寿を全うして大往生された故人のお葬式で、お赤飯が出されることがあります。一般的には「おめでたいときに出される食事」という印象が強いお赤飯ですが、一説では、天寿を全うされて、安らかに旅立った故人の人生をお祝いするという意味が込められているといいます。また、災いを福に転じさせるという「縁起直し」の意味合いで、お葬式にお赤飯を食べるという説もあります。
島根県では人が亡くなると「広島にお茶(あるいは綿)を買いに行く」といういい方があり、広島とは巌島の弥山を指しており、霊の集まるところとされています。
出棺の際には、親族の女性たちが「ぜんのつな」※を引く地域もあります。

※葬式のとき、柩につけて引く白布の綱(サラシが多い)。縁の綱とも言う=縁を切る、決別を意味します。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料