徳島県の葬儀社・葬儀屋一覧

徳島県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

徳島県の葬儀社・葬儀屋事情

徳島県では、出棺の際に故人愛用の茶碗を割り、この世との未練を断つならわしが広く行われていますが、このとき、お盆の「送り火」のように、藁やおがらを炊いて送り出すこともあります。さらには、「放生(ほうじょう)」といって、鳩を空に放つ家も見られます。放生とは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物を逃がすことで徳を積むという意味合いがあります。故人があの世ですこしでも良い思いができるようにとの願いがこめられています。

徳島県の一部地域では、竹で模した小さな竹馬をまたぐならわしがあり、その際塩を体にふりかけます。
火葬場から帰り、遺骨を安置した後に、初七日法要を行うのが一般的ですが、最近では告別式中に行うことも増えています。初七日法要のあとは、精進落としにあたる「まないた直し」の膳を囲み、故人を偲びます。通夜のことを「おつや」といい、近親者が「通夜見舞い」を持参して弔問します。

徳島県では、納棺に際して、鋏、針、糸を入れる、あるいは、経帷子の袖の下に針の通っていない箇所があり、それを親族が1針ずつ縫う、といった風習があります。また出棺前に喪家の人が「別れの膳」を囲むところもあり、・収骨後直ちに法要をするが、これを「六日」(むいか)といいます。これは初七日法要と同じ意味です。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料