富山県の葬儀社・葬儀屋一覧

富山県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

富山県の葬儀社・葬儀屋事情

富山県には、出棺の際に棺に白いさらしの布を結び付け、布の端を遺族が持って引っ張るという風習が残っています。もともとは、棺を火葬場や墓地へ運ぶ「野辺送り」の葬列で行われていた、「善の綱(ぜんのつな)」というしきたりに由来します。この風習の歴史は平安時代までさかのぼり、菅原道真の「御堂関白記」に「来迎仏(らいごうぶつ)の手から5色の糸が垂れ、道真の手に結ばれる」という記述があり、故人を善いところへ導く綱という意味が込められています。

呉西の地域では、火葬場へ向かう際に、喪主と遺族が白装束を身に着ける慣わしがあります。古来の日本では、喪服の色は白とされており、反対に黒は祝いの席で着る色とされていました。喪服の色が逆転したのは明治時代に入ってからで、西洋の喪の色である黒を真似て、哀悼の意を表す色として黒が採用されました。

火葬後の骨上げにも特徴があり、故人の身体の骨をすべて拾う「総骨あげ」をする習慣があるため、大型の骨壺が用意されるのが一般的です。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料