和歌山県の葬儀社・葬儀屋一覧

和歌山県の葬儀社・葬儀屋をお探しの方はこちらからお探しいただけます。
市区町村や沿線・駅、セレなびのおすすめやこだわり条件からも探すことができます。

葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 葬儀費用でお悩みの方 価格を抑えたセットプランから葬儀を探す 小さなお葬式サイトへアクセスします

葬儀場のこだわりから探す

こだわりの葬儀形式や規模で希望に沿った葬儀場を探すことができます。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
小さなお葬式

和歌山県の葬儀社・葬儀屋事情

和歌山県では通夜に僧侶が来ず、「老人会」などによって読経が行われる場合があります。檀家が出資して葬具類を揃えていて貸出しをするところもあります。
出棺に際して、茶碗割り、藁をたく、ことも行われますが、同時に扇子を破って屋根に上げるしきたりのあるところもあります。また地域によっては分骨して、百か日たってから本山へ納骨にいく場合もあります。
また、「死者が友を引き、連れて行ってしまう」とされ、多くの地域がお葬式を避ける六曜の「友引」ですが、和歌山県ではこの友引に加えて、暦注の「三隣亡(さんりんぼう)」の日にもお葬式を避ける地域が多くあります。

和歌山県では出棺の際に茶碗を割り、藁を燃やすと同時に、扇子を破って屋根に向かって投げるという風習が残っている地域があります。さらに和歌山県では喪家には「忌」と記した提灯を門口に立て、葬儀のあと出棺した際、この門口で茶碗を割るのが一般的です。また地域によっては、門火をたくこともあります。火葬のあとは、塩をかけたり、塩を踏んで家に入ります。

和歌山県の一部では、お葬式が終わり、遺骨を後飾りの祭壇に安置したら、遺骨を家へ迎え入れるための「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」を営みます。このとき「講」などの地域組織に属している年配の女性が集まり、歌を詠うことがあります。その歌の内容とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の言葉で和歌にしてある、優しく穏やかな日本風のメロディに載せた歌で、これを「御詠歌」と言います。還骨勤行が終わった後には、精進落しの膳を囲むのがならわしとなっています。

葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。 葬儀のことなど些細なことでもお気軽にお電話ください。
0120-001-298 24時間365日対応・通話無料 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料
葬儀をご検討なら 0120-001-298 24時間365日対応・通話無料